非常に丈夫なコウモリランです 現品 コウモリラン スパーバム ? No.40500 ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 室内 壁掛け ミニ 小型 おしゃれ 大型 Platycerium 68%以上節約 吊り下げ インテリア 非常に丈夫なコウモリランです 現品 コウモリラン スパーバム ? No.40500 ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 室内 壁掛け ミニ 小型 おしゃれ 大型 Platycerium 68%以上節約 吊り下げ インテリア (No.40500),観葉植物,壁掛け,etargetnet.com,コウモリラン,非常に丈夫なコウモリランです!,(ビカクシダ,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 観葉植物,11940円,インテリア,おしゃれ,Platycerium),(現品),ミニ,スパーバム,/proatlas1923674.html,室内,(?),大型,プラティセリウム,吊り下げ,小型 11940円 非常に丈夫なコウモリランです! (現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium) 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 観葉植物 (No.40500),観葉植物,壁掛け,etargetnet.com,コウモリラン,非常に丈夫なコウモリランです!,(ビカクシダ,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 観葉植物,11940円,インテリア,おしゃれ,Platycerium),(現品),ミニ,スパーバム,/proatlas1923674.html,室内,(?),大型,プラティセリウム,吊り下げ,小型 11940円 非常に丈夫なコウモリランです! (現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium) 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 観葉植物

非常に丈夫なコウモリランです 現品 コウモリラン スパーバム ? No.40500 【国内正規品】 ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 室内 壁掛け ミニ 小型 おしゃれ 大型 Platycerium 68%以上節約 吊り下げ インテリア

非常に丈夫なコウモリランです! (現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium)

11940円

非常に丈夫なコウモリランです! (現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium)






詳細情報
商品(現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium)
学名Platycerium superbum (?)
ビカクシダ ハイブリッドと、品種不明な内容での入荷です。
サイズ写真をご確認ください。
株の状態国内で養生された安心の株です。
科名ウラボシ科 (Polypodiaceae)
属名ビカクシダ属 (Platycerium)
日当たり直射日光を避けて、よく日に当てると大きく成長します。

葉っぱについた星状毛と呼ばれる器官は、強すぎる日光から葉を守るためや水分の余計な蒸散を防ぐためとも言われていて、故意に除去はしてはいけません。また再生もしないため、新しい葉と生え変わるしか方法はありません。
コウモリランは日光が強いところで育てると葉が白く、日陰で育てると緑の葉を出します。これは星状毛の特性で、より日光を防ぐために星状毛を生やして適応し、日陰では必要ないため、星状毛が少ない葉が出てくるためです。
水やり湿度の高い環境を好むため葉水を与え、土が乾いたら水をたっぷりと与えます。
水をたっぷり吸わせるために、シャワーなどの流水の場合はなるべく長時間当ててよく水を吸わせます。強い水を当てると星状毛が取れてしまうため、注意して水を与えます。

コウモリランには貯水葉と胞子葉という2種類の葉っぱがありますが、貯水葉は水を貯めるためにスポンジ状になっており、形も水を貯めやすいように傘をひっくり返したような形であったり、球状になって水分を逃さないようにしています。貯水葉は何枚も重なり合って生えて、より水分を溜め込めるようになっていき、大きな株は数十枚の貯水葉を持っています。貯水葉は表面の新しい1~3枚程度を除いて、茶色く枯れていることが多いですが、枯れていてもスポンジの役割をしているため、原則として取り除くことはオススメしません。胞子葉は成長した株の場合は葉の裏側などに胞子をつけるため、繁殖のための葉っぱとなります。

受け皿に水を貯めたまま育てるなど、水を多めに与えて育てることで胞子葉の発達を促すことができます。貯水葉の成長は緩慢になります。
増やし方基本的には株分けで行います。胞子による繁殖は一般的ではありません。子株がある程度の大きさになった時に根が全てなくならないように丁寧に切り分け、用土に植え込みます。
用土にはミズゴケやヤシチップなどがオススメです。着生生物のため、木片や流木などにミズゴケと一緒に巻いて育てるとおしゃれな壁掛けへ仕立てられます。壁掛けの場合は用土が乾きやすいため、様子を見て水やりの頻度を伺ってください。
耐寒性品種によりますが、おおよそ最低気温が10度程度になったら暖かい室内に入れます。気温が低い季節は水やりを控えめにします。
原産地東南アジア
備考写真が現物です。(2021/12/14)
日々成長しているため、古い葉が落ちて、新しい葉が出ていることがございます。

非常に丈夫なコウモリランです! (現品) コウモリラン スパーバム (?) (No.40500) (ビカクシダ プラティセリウム 観葉植物 おしゃれ インテリア 吊り下げ 壁掛け ミニ 小型 大型 室内 Platycerium)

PL8節 Arsenal v Crystal Palace [Preview]

おかえりアーセナル。代表戦が間に入って2週間。 この間の日本代表はなかなか大変だったようで「首の皮一枚つながった」というワードだけ耳に入っている。とにかくおつかれトミヤス。 さてアーセナルの話題を。チェルシーとかそこいらのチームは週末にマッチデイを迎えていたようだが、われわれは平日キックオフ….。まぁそれでもこの試合の敵将はパトリック・ヴィエラ(Patrick Vieira)ということ […]

オックスレイド・チェンバレンが帰ってくるかも?

『憧れのプレイヤーはジェラード。彼のようにMFで戦いたい!』と言って夢を叶えるようにリヴァプールへと去っていったAlex Oxlade-Chamberlain。 2017年の8月末に去って、そこからチャンピオンズリーグだとか、プレミアリーグだとか、クラブワールドカップだとか、立派なタイトルホルダーになった彼。 でも大怪我を負ったり、若手の台頭なんかがあって不動のレギュラーという扱いではないようで・ […]

[Loan Watch] Mavropanos, Guendouzi, Torreira, Ballard…

アーセナルがドローで過ごした週。ローン組もせっせと汗をかいていたようだ。 あのブライトン戦、冨安健洋のパフォーマンスが加入以降ワーストだったと、どこぞの日本メディアが囃し立てているが、ディフェンダーとして無失点で抑えたのだからそんなネガらなくてもいいのにと思って見ている。[Brighton 0-0 Arsenal]  まあネタがないんだろうな、かわいそうに。 さてと、今季のn回目のローンウォッチ。 […]

【中古】T115 ファロルニ ハンドバッグ FALORNI レザー製 レディース ホワイト イントレチャート 巾着型

結果は「あれれ」なドロー。大雨のアウェイマッチはさぞやりづらかったことだろう。 期待していた結果(勝利)ではなかったものの、面白みのあるゲームだったと思う。 それは、主にアーセナルファンのリアクション。 ちょっと前なら「アルテタのフットボールが〜」だとか「オーバーホールするしかない(キリッ)」とか、応援しているチームをひたすら下げる阿鼻叫喚で見るに堪えない言葉の列挙だっただろうが、今回は敵将グレア […]

PL7節 ブライトン v アーセナル プレビュー 【熱の持続】

ノースロンドンダービー、面白かったね。[Arsenal 3-1 Tottenham] また何年か経って、記憶がおぼろげになったときに見直したい試合だ。 さてさて、なにかの拍子にバーンアウトに陥るのではないかと不安になるくらい一気にギアを上げてきた我々の宝物、Gunners。 気分は良いが、まだ10位と二桁順位。それでもカラバオカップを含めると4連勝といい感じにきている中で、今回はブライトンとのアウ […]

【悲報】ゲンドゥージ、マルセイユでも嫌われる

何年ぶり何回目になるだろうか。マルセイユにローンで出ているマテオ・ゲンドゥージ( Mattéo Guendouzi)に対してふたたび彼の性格を嘆く記事が出ている。 昨季のヘルタでも悪評が出ていたことは、そう昔でもないのだが(終わらないゲンドゥージの反抗期/2021/3)、彼の母国フランスでもちょっと腫れ物扱いされかけているというのは興味深いものがある。 さっそく見ていこう。 はじめに断っておくと、 […]

冨安健洋がマッチデイプログラムで語ったこと

エミレーツスタジアムで早々のデビューを果たした、タケヒロ・トミヤス。 そのままプレミアリーグのスターティングⅪに定着して、先日のノースロンドンダービーでも大活躍。[Arsenal 3-1 Tottenham] 贔屓目ではなく、実際にファンが選ぶMan of The Matchに選出されているくらいには活躍した。1G/1Aを記録したMade in Hale Endを差し置いて。 そして、そのトットナ […]

[Loan Watch] 復帰時期未定のリース・ネルソン【Mavropanos, Bellerin, Torreira, Nelson】

ノースロンドンダービーが終わった。ひさしぶりに前半で「決まったな」と安心して見られる試合だった。[Arsenal 3-1 Tottenham] ということで、意気揚々とローンウォッチでも見ていこうか。 今節のプレイタイム獲得者は、17選手中・・・・8名。 前回のローンウォッチ [Loan Watch] ローン先で絶好調の選手たち【Bellerin, Azeez, Saliba】 🇩 […]

PT★プラチナ あこや本真珠 ベビーパールリング★5.1mm★

試合前のプレビューでは各紙ともにアーセナル勝利が堅いと予想していたが、まさかこのような展開になるとは思っても見なかった。 「言い訳できない」なんて何とも大層なことに綴ったけど実際どっちに転ぶかわからなくて不安だったし、試合を見届けたら見届けたで即寝落ちとはいかず脳内がアドレナリン漬け状態だったわけで。 とにかくなにが言いたいかというと、最高に幸せだった。 Match summary 2015/10 […]

PL6節 アーセナル v トットナム プレビュー 【言い訳できない】

ひさびさの週2回のアーセナルのある日々を送っている。 なんやかんや言いつつも、週1アーセナルに体が馴染んでいたからちょっぴりしんどかった。まあブログに書くという作業がしんどいのだけれど。 ということで、マッチデイ! 🔥 North London derby!!! 🔥 Arsenal v Tottenham Hotspur (H) 9月 27日 (月曜日)⋅00:30 […]

[Arsenal 3-0 Wimbledon] 試合後のインタビュー

今日は祝日、秋分の日。てっきり平日かと思っていたから、まさかの飛び石連休に幸せな気分。 そして愛すべきアーセナルも、ホームでしっかりThree Nil。見たかった選手も見れてクリーンシート継続で良い雰囲気でホームダービーに臨めそうだ。 Match summary あ、そうそう。同時刻開始だったスパーズはPK戦まで縺れ込んだようで、[Wolves 2–2 Tottenham (2–3 pk)]。結構 […]

冨安健洋、アーセナル初インタビュー[Part 2]【言葉の壁、ホームシック】

アーセナル加入後、すぐさま2試合連続出場を果たしているトミヤス・タケヒロ。 そんな彼のファーストインタビュー [Part 2] が公開されている。 Part 1では、PLの日本人気だったり、同郷の岩渕真奈についてだったりを照れつつも流暢な英語で話していたわけだが、Part 2では予想通り彼の「経歴」にスポットライトが当てられている。 冨安健洋、アーセナルでの初インタビュー[Part 1]【日本での […]

カラバオ3回戦 アーセナル v ウィンブルドン プレビュー

連休ボケがまだ若干残っている中で、さっそくのマッチデイ! カラバオカップ3回戦(ベスト32)のお相手は、ホームにて3部League Oneのウィンブルドンと対戦する。 リーグワンといえば、アーセナルの若手ローンでたいへんお世話になっているカテゴリ。ただ正直言ってここでまさかの波乱は起きないだろう。 [Loan Watch] ローン先で絶好調の選手たち【Bellerin, Azeez, Saliba […]

[Loan Watch] ローン先で絶好調の選手たち【Bellerin, Azeez, Saliba】

アーセナルFCが今季のプレミアリーグ2連勝をようやく記録してくれた今週。[Burnley 0-1 Arsenal] 親元を離れ、ローンでしのぎを削る選手たちはどうだったのだろうか。公式のローンウォッチを見ていく。 優秀なスタッツを残しても、ミケルが残そうとしてくれなかったりしてちょっとモヤッとする扱いを受けることも珍しくないローンプレイヤーたち。ローンマネジャーのベン・ナッパー(Ben Knapp […]

[Burnley 0-1 Arsenal] 試合後のインタビュー

3連休初日に行われた、プレミアリーグ第5節バーンリー戦を振り返っていこう。 ちなみに、わたしはこの連休を満喫していたこともあって試合はチェックできなかった。 周囲の論評に目を向けてみると圧倒的な勝利というわけではなかったようだが、結構ワンダフルな布陣だったようで。 将来に一石を投じるような試合をチェックしていないとは、実に惜しいことをしてしまった気分だ。 Match summary 今回の試合は見 […]

1 2 3 4 5 6 54